耳鼻咽喉科

耳(耳痛、耳漏、耳閉感、難聴等)、鼻(鼻水、鼻づまり、鼻血、鼻の痛み、鼻の重い感じ等)、のど(痛み、口内炎、違和感、痰、できもの、声がれ等)を診察します。

問診、視診、処置:

治療椅子に座ってもらい、ユニット(診察、処置台)を使用しつつ行います。
jibika01.jpg


鼻、のどの吸入を行います

jibika02.jpg

 

 

聴力検査:

難聴がないか、また難聴の程度を調べます。

 

ティンパノ:

鼓膜の動きを調べ、滲出性中耳炎、耳硬化症、耳小骨離断等がないか確認します。
jibika03.jpg

 

手術用顕微鏡:

耳の中の状態を詳細に調べ、必要に応じて処置、手術致します。
jibika04.jpg

 

フレンツェル赤外線眼鏡:

めまいを詳しく調べます。

 

電子スコープ:

鼻腔、上咽頭、下咽頭、喉頭に異常がないか調べます。

 

インフルエンザウィルス、アデノウィルス、RSウィルス、溶連菌、肺炎球菌の迅速検査:

発熱の原因であるかをすぐに調べます。

 

電気凝固器(コアギュレーター):

鼻出血の箇所をみつけ、必要に応じて薬をつけたり、ガーゼを詰めたり、焼いて治療致します。